RECOMMEND
純潔のマリア 1 (アフタヌーンKC)
純潔のマリア 1 (アフタヌーンKC) (JUGEMレビュー »)
石川 雅之
『天使と教会と百年戦争に、魔女は(処女だけど。)ケンカを売った。』←帯より引用

説得力と深みのあるファンタジー。時代考証からなる世界観が素晴らしくて、引き込まれる事請け合い!
ゆんるい(私的にツボ)ギャグパートも色々と考えさせられるシリアスパートも素敵。言葉選び&遊びがその独特のノリに拍車をかけていて、更に引き込まれる事請け合い!

なんて語りつつ…ぶっちゃけ通信兵とマリアのあれこれがストライク通り越してターキー。二人の今後に大期待…!

アルテミス(使い魔白フクロウ♀)ぬいぐるみ付き限定版も発売中。
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

注意一秒妄想一生

アルスト片割れ結原の呟き場兼妄想書き殴り場。
基本FFCC置き場(MOTHER2、他FFも有)で、今は純潔のマリアにもお熱?
ログはリンク先の本家(アルストロメリア)に収納中。
<< 小王国でCP祭_戦士さん/君と | main | FFCC小王国でCP祭 >>
小王国でCP祭_黒魔道士さん/君と
0

    小王国CP祭の黒魔道士君×女の子編です。進行状況>>1/4
    黒魔さんとシーフさん書けました!(04/26)

    読んでやろうじゃまいか、という方は続きからどうぞv





    ショートカットメニュー
    黒魔×戦士 | 黒魔×シーフ | 黒魔×黒魔 | 黒魔×白魔
     




    黒魔道士君戦士ちゃん


     



    彼女が見つけた宝物





    「ね、あんた両利きだったわよね?」

     かちゃりかちゃり。問いかけは後方、視線は常にお宝一直線。一時的とはいえ、魔物の一掃されたダンジョン。そんなものは彼女にとって、イコール宝物庫。
    「なのにさ、なんで魔法使う時は左手限定なワケ?」
     素朴な疑問。受ける側、考え込む事暫し。その暫くの間、かちゃりかちゃり。周囲に響く音。矢張り視線は、お宝一直線。
    「考えたことも無かったなぁ、無意識の内にだろうね」
    「ってことは、無意識なりにもそうするだけの、それなりの理由があるのね」
     振り返る彼女、輝く瞳。所謂、お宝発見リアクション。
    「遥か天上から齎されるもの、まったき善なるものは、右から生じる。地の底から溢れ出ずるもの、まったき邪なるものは、左から生じる。
     …そんな通説があるだけだよ。
     そもそも、僕達の国では黒魔法と呼ばれてこそいるけれど、世間一般的に黒魔術と呼ばれる類の魔術ではなくて、白魔法と体系的には同類のものだから…邪なるもの、ではない筈なんだけれどね」
    「でもあんたは、それをどこかで少なからず信じてるワケだ」
     可愛いトコあるのね。笑う彼女。宝物を手に入れた時の顔で。

    「でも、よく気付いたね?」
     素朴な疑問。受ける側、呆ける事暫し。その暫くの間、響き続けていた音。がきん、開錠の音と共に止む。手に入れた宝物、そして彼女は渋い顔。
    「分かんないならいいのよ、バカ」
     放り投げられたロッド。放物線を描いて、沈む先はふわふわの羽毛。きょろきょろと定まらない視線、揺れる緑の黒髪。
     ――さあ、次のお宝はどこだ。

    「両利きの筈の君がいつも、敵の息の根を確実に仕留めるその時は、絶対に右足から踏み込むって事は、僕にも分かっているけれどね」

     にやり。笑う筈の無い、鉄で出来た仮面。しかし笑う。
     ふうん、そんなの、自分じゃ気付かなかったわ。空とぼける声。あんたがそう、分かっていればいいのよ。笑う彼女。嬉しそうに真赤な顔で。



     小鬼が振り下ろす鈍ら刀。投げつけられる路傍の石。
     ボムの炎を纏った体当たり。呪いによって降り注ぐ隕石。
     ひょいと身軽に交わす足の、その踏み切りは左から。弱った小鬼の首を刎ねた、その一撃に至る踏み切りは右から。
     負けじと殴り返す、そのロッドは右の手。炎のプラスから氷のマイナス、呪い繰り出す印を結ぶのは左の手。

     一時的とはいえ、魔物の一掃されたダンジョン。そんなものは彼女にとって、イコール宝物庫。お宝どこだ、輝く瞳。見覚えのあるフォルム、捜し求めていたもの。
     かちゃりかちゃり。視線は常にお宝一直線。タカの目ならぬ彼女の瞳は、一番の宝物を差し置いて、今日もどこまでも貪欲だ。







    <<黒魔道士(ユク♂)×シーフ(セル♀)>>
    視線盗む引力♪(ぱひうむ)みたいな事を言いたかっただけです。
    そう言わずに伝えられる技量が欲しいです(愚痴か!)

    ユクセルが好き過ぎて外せんかった。後悔はしていない。
    …が、小王国で(寧ろFFCCで)書く意味余りないよねという苦情は受け付ける。
    緑の黒髪、はそれこそ艶のある黒髪な表現=しょーとちゃん向きのものなのだと
    分かっているけれど、ここは敢えて強行しますた。しゃーくちゃんの緑銀髪綺麗よね!

    <<back to CP menu


     



    黒魔道士さん黒魔道士ちゃん


     



    黒魔道士君白魔道士ちゃん


    | 小話/FFCC | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://sss.song-of-sky.main.jp/trackback/1353800