RECOMMEND
純潔のマリア 1 (アフタヌーンKC)
純潔のマリア 1 (アフタヌーンKC) (JUGEMレビュー »)
石川 雅之
『天使と教会と百年戦争に、魔女は(処女だけど。)ケンカを売った。』←帯より引用

説得力と深みのあるファンタジー。時代考証からなる世界観が素晴らしくて、引き込まれる事請け合い!
ゆんるい(私的にツボ)ギャグパートも色々と考えさせられるシリアスパートも素敵。言葉選び&遊びがその独特のノリに拍車をかけていて、更に引き込まれる事請け合い!

なんて語りつつ…ぶっちゃけ通信兵とマリアのあれこれがストライク通り越してターキー。二人の今後に大期待…!

アルテミス(使い魔白フクロウ♀)ぬいぐるみ付き限定版も発売中。
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

注意一秒妄想一生

アルスト片割れ結原の呟き場兼妄想書き殴り場。
基本FFCC置き場(MOTHER2、他FFも有)で、今は純潔のマリアにもお熱?
ログはリンク先の本家(アルストロメリア)に収納中。
<< 真実なんて探さずに、 | main | 拍手有難うございましたvV >>
信じ続けたその先に、
0

    やっぱりMOTHER2です(あと数本書きたい…)

    SEMさんで零した妄想、です(基本MOTHERはそればかり…)
    激的な変化はありませんが、
    前作(真実なんて〜)とのリンクを匂わせる為に、
    少々の加筆修正しております。


    読んでやろうじゃまいか、という方は続きからどうぞv











    「本当に、小人達はいるのね」

     辿り着いた彼の場所、そこに連なる無数の足跡。
     御伽噺通りのその光景につい、歓喜から溢れてしまった私の声。
     けれど彼は、それに同意するでも否定するでもなく笑った。

     私を見つめるその瞳は、どこか優しい。



     くしゅんと響いた音は、彼の発したものだった。
     いつだって私達の先頭を切る彼のものにしては、可愛いくしゃみ。
     マグマに抱かれたこの山で風邪なんてひく筈も無い、
     だからそれはただのくしゃみ。
    「良かったわね、ネス」
     私の言葉に、彼は瞳を白黒させる。
     どうしてかしら、私は何か変な事を言った?
    「……だって今日は、木曜日でしょう?」
     私がそう答えると、合点がいったのだろう彼は笑った。

     私を見つめるその瞳は、どこか優しい。



     ――時折そうやって、あなたは優しい瞳で私を見る。
     あなたはそうやって、私を可愛がってくれる。

     自分も嘗ては子供であった事を忘れた大人達が訳知り顔で、
     聞き訳の悪い子供達を諭すように。
     一足先に大人へと近付いてゆく兄が姉が、
     子供のままでいる弟を妹を嗜めるように。

     あなたはそうやって、優しく笑う。



     馬鹿なことだって分かってる、それでもいいの。
     御伽噺もジンクスも、おまじないだって占いだって、信じてる。
     そんなもの信じられないと、あなたはどこか諦め顔で笑うけれど。
     そんなもの信じても意味はないと、あなたは背伸びをするけれど。
     見知らぬ誰かの幾つかの言葉、
     そんなものを信じてくれた人を、私は知っているのよ?
     ――唐突なテレパスを、会った事も無い私の言葉を、
     信じてくれたあなたを知っているの。







     最後の場所で目覚めたあなたは、
     縋りついてしまった私を抱き寄せて、笑ってくれた。
     私を見つめるその瞳は、どこか優しかった。
     けれどそれは、
     大人が子供へ、兄が姉が弟へ妹へ向けるようなものではなくて。

     きっと、
     ――あなたを見つめる私の瞳と、同じものなんじゃないかしら?





     いつか誰かが言っていたの、信じる想いは力になるって。

     ああ、本当にその通りなんだわ!
     私はずっと、信じてたもの。
     その言葉をずっと、信じてた。
     だからずっと、あなたの事を信じてた。

    (――あなたもきっと分かってくれるって、
     ずっとずっと信じてたのよ)








    じ続けたその先に、

    真実がきっと待っている


    今の僕にはそう思えるよと、彼が優しく囁いた気がした。







    (人の数程ある真実、
     その中のたった一つに、何の価値があるでしょう?)

    (人の数程ある真実、
     その中のたった一つを、信じてみてもいいでしょう?)



    (それぞれがそれぞれの思うままに信じたもの、
     それこそがその人の中で、
     いつか紛う事なき唯一の真実となるのですから)



    END  





    Sneeze on Thursday,something better.
    木曜日のくしゃみ、いいことあるよ(マザーグース)

    あんまり知らないクセに、大好きですマザーグースvV
    お気付きの方もいらっしゃるかもですが、
    MOTHERの名曲、Pollyannaが素晴らし過ぎて、
    つい溢れてしまった妄想です(真実なんて〜もそうです(*・v・*))
    御存知ない方はこちら!是非是非どぞ!o(*^∇^*)o
    【ニコニコ動画】MOTHERサウンドトラック-Pollyanna(I Believe In You)-(英語歌詞・和訳ver)
    曲もさる事ながら、ほんとに歌詞が素敵で…大好きなのですっ!vV

    そして既にPollyannaを御存知な方&
    Pollyannaっぽい話じゃねと気付いて下さってた方には、
    …両腕いっぱいの愛を!(おやめなさいっ)


    →next(僕の忘れた僕の居る場所へ、)
    ←back(真実なんて探さずに、)

    ↑back to menu

    | 小話/MOTHER2 | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://sss.song-of-sky.main.jp/trackback/839964